2.目的地訪問

2.目的地訪問

目的地訪問

“田舎暮し”をめざすには、まず、田舎を知リ、地域と交わることが大切!
事前の準備を十分に固めたら、積極的に各地の体験イベントに参加しましょう!

田舎暮しを成功させるには、まず、現地を訪ねて、田舎の暮しを知り、地域の人と交わって、良き理解者を得ることが大切です。京の田舎ぐらし・ふるさとセンターでは、幅広い人達に、京都の農業や農村を知ってもらえるよう、農村の「食べる」「遊ぶ」「学ぶ」「買う」「作る」「交わる」場所や人の情報を提供したり、交流を深めてもらえるよう「食」「農」に関する講座を開いてきました。そんなむらとの交流・体験に、あなたも参加してみませんか?
農産物直売所は、京都の農産物や農家と交流する窓口
京都府内には、有人、無人を含め400ヵ所近くの農産物直売所があります。直売所は地城の新鮮で安全な農産物や加工品を手に入れられるだけでなく、多くの場合生産者が直接対面販売していることから地域情報の窓口にもなっています。
滞在型交流施設や農家民宿は、田舎暮しの情報窓口
京都府の農村部には、農業体験や直売所、農家レストラン、宿泊施設などを総合的に備えた滞在型交流施設や道の駅があります。これらの施設では、地域の受け人れ先などの情報も知ることができます。そんな場所を訪ね歩くのも田舎暮しを始めるための近道となります。
田舎暮しの相談会や現地見学会に参加してみましょう
府内の市町村やむらづくり団体が、田舎暮し相談会や現地見学会を実施しています。最新情報もこまめに更新され配信されています。
2012/05/30
■トラックバック

この記事のトラックバックurl
http://artcube.in/page/rtb.php?page_id=df0ea337431422d76e12c4958f2025cb

ホームページをお気に入りに追加

田舎の空家管理サービス

お電話での物件のお問い合わせ:0771-82-0802

ホームページをお気に入りに追加

京丹波自然工房
京丹波自然工房

鹿肉ドッグレストラン
鹿肉ドッグレストラン